トップ

印刷を綺麗にする方法について

印刷の役立つお話

プリント

印刷は解像度がポイント

印刷には、適した解像度があります。実寸で300dpiから350dpiとされています。解像度は、画像を右クリックし、プロパティから確認することができます。モニターでは、72dpiでも問題なく綺麗に見ることができますが、実際に印刷されると非常に粗くぼやけた印象になります。逆に500dpiや100dpiにしても綺麗さは変わらず、出力に時間がかかったりファイルサイズが大きくなり作業が遅くなるなどのデメリットがあります。設定方法は、使用しているアプリケーションによって異なります。初期設定時に行うタイプや書き出し時に行うタイプもあります。

解像度に関してきちんと知る

印刷する際に解像度が低いと出来上がりが粗くなってしまいます。写真などにしないのであれば解像度は低くても問題はありません。まずはその画像をどうするのかできちんと撮影の際に注意することが必要になってきます。適している数値は300dpi以上と言われています。デジタルカメラで撮影する場合は適した数値に変更して撮影することが大事になってきます。ただ印刷するものに応じた数値というものがありますのでそれに合わせて作成していくことが大事になってきます。どこまで引き延ばすことが出来るかというのは撮った際に決まっているのでそれに合わせることが大事です。

↑PAGE TOP